このサイトからお届け先1ヶ所につき5,400円 以上お買い上げの方は、送料無料!!
ダイヤル:0120262683

メニュー

西海の通販 TOPページ > 会社概要(西海の歴史)
西海の歴史

昭和四年創業 海産物の老舗
海産物の通販サイトを運営している西海は、福岡にあります。

西海の歴史創業者、土居忠(どいただし)は、愛媛県北宇和郡津島町の漁師の家に生まれ、子供のころから新鮮な海産物に触れながら育ちました。

当時の海産物は地元の漁師から海産物を買い、高額な益を付けて消費地に販売する産地問屋といわれる商売のやり方が一般的でした。

このやり方に疑問を持った忠氏は、昭和4年、北九州の門司港で土居商店を開業しました。
土居商店では、地元の漁師から商品を預かり、売れた金額に応じた手数料をもらう委託問屋方式を採用しました。この方式は漁師にもお客様にも大評判となり、その結果、良い商品が多く集まる商店と発展していきました。

このときに育まれた「商品の善し悪しを見極める」という西海の企業精神は70年以上たった今も受け継がれています。

戦後の昭和25年、土居商店は西日本海産物市場(株)という海産物を扱う荷受会社を設立しました。
その後入社した弟の宮喜は北海道から九州まで全国の産地を回り、紅シャケをはじめとする海産物を九州一円に紹介していきました。
昭和50年、北九州中央卸売市場の設立を期に、西日本海産物市場(株)は2つに分かれ、荷受け部門は市場へ、製造卸売り部門を現在の(株)西海としてスタートしました。

社長となった弟の宮喜は、「まずいものを売るのは天に唾をするのと同じ」という信念で、良質な海産物にこだわり北九州に良いものを扱う会社として根付いていきました。地元の小売店に卸売りをする傍ら、自社店舗の展開、また、当時まだ一般的ではなかったからし明太子の開発にも手がけ今では小倉の知る人ぞ知るおいしい明太子となりました。

現在は、宮喜の長男である修が西海の魂を受け継ぎ、全国の新鮮な海産物を提供する老舗として、その看板を守り続けています。
西海のWeb通販では、こだわり抜いた海産物をご家庭にお届けします。


このページのトップへ
商品
お買い物について
西海について